老化の原因を探るとAGEと活性酸素

活性酸素によるカラダの酸化と、

糖化によるAGE(終末糖化産物)のカラダに蓄積は、

老化の原因と言われています。

活性酸素はカラダに良い働きと悪い働きがあります。

適度な活性酸素は良い働きをしてくれるのですが、

過剰に活性酸素が発生してしまうと、カラダを攻撃してきてしまい、

病気の原因となってしまうこともあります。

通常、過剰に発生した活性酸素は体内でSOD酵素(抗酸化酵素)により、

消失しているのですが、ヒトはこのSOD酵素の量が年齢とともに

減少してしまい、消去すべき活性酸素を消去できなくなってしまいます。

また、現代生活、ストレス、食生活などの生活習慣の乱れは、大量の

活性酸素が発生してしまう要因となっています。

この抗酸化酵素は主成分がタンパク質でできていて、タンパク質と糖が結びつく

糖化はAGE(終末糖化産物)を産み出し、抗酸化酵素は劣化してしまい、

本来の能力を最大限発揮できなくなってしまうのです。

そうなれば、活性酸素は良い働きから悪い働きへとシフトしてしまいます。

年齢とともに増える肌のトラブル

年齢が40代に突入すると日焼けによるシミなどが急激に増えていませんか?

私自身、ついウッカリして日焼けしてしまったあとは大変です。

シミは増え、ホクロが増えてしまい肌がもう大変です。

そのため、どちらかというと老け顔となってしまいました。

若い時と比べて、回復力も減ってしまったような気がします。

鏡に映った女性

この活性酸素とAGE(終末糖化産物)の話を知ると、自分自身が感じている

お肌のトラブルの原因がわかったような気がします。

肌の弾力はコラーゲン(タンパク質)の減少とともに衰えてしまい、

さらにAGEが劣化を促進してしまいっているのです。

さらに活性酸素でダプルパンチと言った感じです。

お肌のトラブルは目に見えてわかる現象ですが、

カラダ内部では目には見えていませんが、お肌と同じ現象が起きていると

言えます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA