ヘモグロビンA1cからAGEがわかる

最近血液検査をしましたか?

血液検査2

血液検査をすると、

ヘモグロビンA1Cが検査結果としてわかります。

このヘモグロビンA1Cの値は、赤血球の中にあるヘモグロビンが糖化した

もので、ヘモグロビンのうち何%が糖化したかを示した数値です。

この数値が6.2% ~ 6.8%だと標準になります。

6.9%以上になってくると糖尿病予備軍または糖尿病となってきます。

ヘモグロビンA1cは、糖化の初期段階物質で、

AGE化していない状態のものです。

この数値が6.9%以上の数値を長期間継続していると、

AGEが溜まっていると考えれます。

AGE化したヘモグロビン

通常、ヘモグロビンは4か月で入れ替わります。

AGE化したヘモグロビンは、血液の流れと共にカラダの様々な部分に分配され、

そこでAGEが溜まります。

ヘモグロビンが最もAGE化するのは、血液中に糖があふれている食後の1時間です。

なかには、食後の血糖値が急上昇する方も珍しくはありません。

急な血糖値の上昇は、この高血糖状態が長い時間継続することになり、

AGEがより多くつくられてしまいます。

そのため、血糖値の上昇を緩やかにするように食べる順番を工夫したり、

血糖値が上がらない食べ物を選んだりして、AGEを意識した食事をした方が

良いと考えます。

AGEを意識した食生活に今注目が集まっています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA