カラダに蓄積されたAGEを減らすには?

カラダにどんどんAGE(終末糖化産物)が蓄積されています。

蓄積されたAGEは、やがては老化現象に発展し、さらに様々な病気の原因にも

なってしまいます。

医療業界・美容業界でも注目されているAGE

このAGEを体外に排出するには、

〇〇を飲めばいいんじゃないと言ってしまえば済みそうですが、

今回注目したいのは、AGEカラダに取り込む量を減らすことです。

調理道具

毎日大量のAGEを食事から取り込んでいたら元も子もありません。

そこで、AGEの少ない食事を意識することをお薦めしています。

しかし、

美味しいと思うものにはAGEが大量に含まれています。

特に揚げ物には大量のAGEが含まれているのです。

トンカツが~。

こんがり焼いたステーキが~。

好きな食べ物を我慢するほどツライことはありません。

とはいえ、AGEのことを考えると・・・。

毎日揚げ物を食べている人は、AGEのことを少しだけ意識してみてくださいね。

食品に含まれるAGE値

食品に含まれるAGE値は、

同じ食品でも調理方法によって含まれるAGE値がことなります。

生 -> ゆでる -> 焼く -> 油で揚げる

の順番でAGE値が高くなってきます。

これは、熱処理によってメイラード反応が起きやすくなるからです。

メイラード反応とは、糖化のことです。

食品に含まれるタンパク質と糖が結びつくことで糖化が起き、

その糖化がさらに進むことでAGE(終末糖化産物)がつくられてしまいます。

生で食べられるものは生で食べるようにして、

比較的AGEが少ない調理方法のゆでたもの、蒸したものを食べるように

した食生活にしていくと、

血液中のAGE値が低くなり、しいては老化を遅らせることや、

生活習慣病などのリスクを低く抑えらるようです。

もちろん、

食生活だけでなく、

運動睡眠などもバランスよい生活は

エイジングケアの大切な要素です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA