光老化とは?美肌づくりと冬の紫外線対策。

冬シーズン、紫外線対策していますか?

冬だからといって紫外線対策もせずに長い時間外にいると・・。

夏とか冬とか関係なく、

紫外線は降り注いでいます。

紫外線があたることによって、

お肌が受ける影響についてもうご存知かもしれませんが、

ここでもう一度確認したいと思います。

紫外線とは?

紫外線のことをよくUVと表現されています。

UVは英語で紫外線をあらわすUltraViolet(紫を超えた)の略語です。

光のスペクトルが紫より外にあることからこのような表現です。

紫外線は下記のような働きもあります。

  • 殺菌消毒
  • ビタミンDの合成
  • 血行促進
  • 代謝促進
  • 皮膚抵抗力の昂進

有用な作用がありますので、

日光浴は欠かせないという人もいます。

だからといって、浴び過ぎはよくありません。

光老化とは?

紫外線の種類にUV-AUV-B、そして、UV-C

あります。

知らず知らずに日焼けしていることってありませんか?

UV-Aの仕業かも知れません。

それは、地上に降り注ぐ紫外線の約90%が

UV-Aだから起こってしまうのです。

普段、外出中に意識していなくても降り注ぐUV-Aを

浴びてしまっているのですね。

UV-Aは雲や窓も透過し、あなたの肌深く、真皮まで

届いてしまいます。

そして、真皮のコラーゲン繊維エラスチン繊維

作用してダメージを与えて、しみやシワ、たるみの原因になり、

肌の老化につながっていきます。

このような紫外線による老化を光老化と呼びます。

UV-BやUV-Cは、

地上に降り注ぐ前のオゾン層で防がれます。

UV-Bの一部は地上に降り注いでいます。

暑い夏の陽射しの下で、

太陽にあたっているとUV-Bが肌を焦がし、

赤く炎症して、黒化していきます。

サマービーチで海水浴を思いっきり楽しんだりしていると、

UV-Bが肌を焦がしていき、やがて日焼けしますよね。

このUV-Bは、春先から多く降り注ぐようになり、

暑い夏の時期がピークとなり秋まで多く降り注ぎます。

UV-A暑い夏の時期がより多く降り注ぎますが、

時期は問わず1年中降り注いでいます。

冬だからと言って降り注いでいないのではありません。

また雲なども透過してしまうため、

曇りの日でも油断して無防備に外にいると、

日焼けしてしまいます。

冬でも紫外線対策

冬でも日焼け止めクリームを塗って紫外線対策は

欠かせません。

日焼け止めを選ぶ際のポイントをご紹介します。

日焼け止めクリームなどによく見かける表示

があります。

SPF〇〇とかPA++++

とか見たことがあると思います。

この表示が日焼け止めクリームの

選ぶ際のひとつの目安になります。

SPFとは?

SPFとは、

サン・プロテクション・ファクター

(Sun Protection Factor)

の頭文字をとった略です。

紫外線防御指数とも呼ばれています。

SPFの後につづく数字は、

紫外線を防御する時間があらわされています。

例えば、

SPF1だと紫外線の影響を

受け始めるまでに20分間。

SPF30だと、

20分間 × 30 = 600分

つまり、10時間もつといわれています。

さらに、SPF50だと、

20分間 × 50 =1000分

16.7時間もつと言われています。

時間はあくまでもひとつの目安です。

紫外線の量などその日の状態や、

場所によっても変わります。

スキー場など銀世界など太陽光が

反射するような場所にいると、

さらに影響を受けやすくなったりします。

日焼け止めクリームは、

2時間おきにくらいに

塗りなおした方が良いと言われています。

1日中外にいるような場合などは、

SPF50のようなものを使用して、

適宜塗りなおしてみたりするのも良いかと

思います。

PA++++(フォープラス)

PAとは、Protction Grade of UV-A

の略です。

++++はフォープラスと読みます。

UV-Aを防ぐ効果を+の数で表現しています。

PA++++(フォープラス)が極めて防ぐ効果が

期待できます。

SPFとPAを基準に、

自分のライフスタイルに合った、

使用方法を取り入れてみましょう。

美肌づくりの第一歩

光老化による、お肌のダメージを最小限に食い止める

ことは美肌づくりの第一歩です。

光老化は、肌のコラーゲン繊維やエラスチン繊維がダメージを受けて、

シミ・しわ・たるみ、またそばかすなどの原因となったりします。

日焼け予防により光老化を防いでも、

加齢による老化は防ぐことはできません。

今、エイジングケアと言われているように、

加齢による老化をゆったりとするようにし

ていたりします。

でもその前に、

エイジングを加速するような

生活習慣を見直すということも

意識することがとても重要です。

それには、

食生活の見直し

適度な運動

質の良い充分な睡眠

を意識することが良いと言われています。

また、AGEにも注目しています。

AGEとは終末糖化産物と言われる

老化物質のことです。

このAGEがカラダにどれだけ蓄積されているかを

まず知ってみることをお勧めしています。

AGEをできるだけ体内に貯めない生活が、

美肌づくりに通じるものとなります。

AGEについてはこちらをご参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA