皮膚はむき出しの臓器

皮膚のケアしていますか?

暑い夏の陽射しは、

あなたの皮膚にAGE(終末糖化産物)が溜まりやすくなります。

AGE(終末糖化産物)は、毒性の強い老化物質といわれ、

紫外線が皮膚のコラーゲンに作用してメイラード反応を起します。

これは、皮膚内で糖化が進んでいることです。

糖化が進むと、AGE(終末糖化産物)となり、

メラニンがどんどん作られるようになり、シミの原因となることがわかっています。

弾力のあるみずみずしいお肌はどんどんと遠のいてしまいかねませんね。

ビーチに横たわる女性

皮膚はむき出しの臓器

ヒトのカラダを覆っている皮膚は、

体重の6.3%~6.9%を占めています。

他の臓器と比べてもその占める割合は最大であり、

しかも、むき出しています。

そのむき出しの臓器は3つの組織を総称して「皮膚」と

呼ばれています。

1.表皮

通常、肌と呼んでいる部分を表皮(ひょうひ)と呼んでいます。

2.真皮

表皮の下にある組織のことを真皮(しんぴ)と呼びます。

3.皮下組織

もっとも内側にある組織のことを皮下組織(ひかそしき)と呼びます。

表皮

表皮の最上部には角質層があります。

この角質層は、レンガを積んだような構造となっており、様々な外部刺激から

皮膚を守ります。

また、表皮はメラノサイトという細胞があり、シミの原因となるメラニンを

つくり出します。

真皮

ハリのある肌、みずみずしい肌は、この真皮にある「コラーゲン繊維」と「ヒアルロン酸」

が大きく影響しています。

真皮には、このコラーゲン繊維をつくる「線維芽細胞」や、外敵から皮膚を守る「免疫細胞

(マスト細胞)」があります。

皮下組織

この皮下組織には脂肪組織が多く含まれています。

栄養を貯蔵したり保湿をしたりして、カラダを守ります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA