生で食べられるものは生で

食事からのAGE摂取を減らすためには、

調理方法を意識することが大切だと言われています。

同じ食品でも調理方法によって含まれるAGEの量に大きな差があります。

油で揚げたものは、AGEの量が劇的に増加しています。

逆に生の状態に近い状態の方がAGEの量は少なくなっています。

生で食べられるものは生で食べましょうと言われるのは、

AGEの摂取量にも大きく影響するからです。

野菜生活

野菜摂取量

さて、生で食べられるもの?

といえば野菜が中心になってきます。

ところが現代生活に目を向けてみると、

野菜の摂取量が年々減少していました。

特に若い世代の方はその傾向が顕著になってきています。

日本人の野菜摂取量は成人の摂取目標である一日350gを下回り、

特に20~40代は目標値の7割程度しか摂取していません。

食物繊維

野菜は食物繊維が多く含まれていて、腸内環境にも関係してくるため

積極的に摂取することが望まれています。

以前は、食物繊維は栄養にもならない”カス”だと考えられていましたが、

実は腸内細菌の”エサ”となり、発行代謝産物などを産出するのに役立っている

ことがわかっています。

例えば、免疫細胞としての重要なT細胞などがあげられます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA