AGEが及ぼす影響 

AGEはタンバク質と糖が結びついてできる物質をいいます。

タンパク質は体を構成する重要な物質です。

AGEがたまると体によくない影響を及ぼします。

影響の響

髪の毛

髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。このケラチンが糖と結びついて
糖化が進むことで及ぼす影響は、

- 髪の強度が低下し、コシが失われます。

- キューティクルを含むタンパク質の透明度が低下しツヤが失われます。

骨を支える物質もまたコラーゲンというタンパク質でできています。

このコラーゲンがの糖化が進むことで及ぼす影響は、

- 骨への負担がかかり折れやすくなります。

- ひざや股関節へも負担がかかります。

関節部分

骨と骨をつなぐ関節部分には軟骨があります。この軟骨の主成分は、

プロテオグリカンというタンパク質でできています。

このプロテオグリカンの糖化が進むことで及ぼす影響は、

- 軟骨がすり減りやすくなり変形してしまいます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA