腸内環境を改善する方法を考える

テレビなどでも特集される腸内環境は、

ヒトの健康・美容に大いにかかわっていることが

科学的にわかってきた。

その腸内環境の状態をわかりやすく表現しているのが、

腸内フローラです。

花畑

腸内フローラとは

ヒトの腸内にはおよそ1000種類以上の腸内細菌がいます。

その数はなんと1000兆個と言われています。

1000兆個といわれても想像ができません。

ヒトの細胞の数が60兆といわれていますので、

腸内細菌はヒトの細胞の16倍です。

この腸内細菌は種類ごとに集まっていて、

それはまるでお花畑のように見えるので、

腸内フローラと呼ばれています。

この腸内フローラは、生活環境や習慣、年齢、ストレスなどに左右され、

ヒトによって腸内細菌の種類も違えば数も違います。

腸内細菌

腸内細菌といえば?

乳酸菌やビフィズス菌などが有名です。

また、大腸菌やバクテロイデス、ブドウ球菌などはご存知の方も多いことでしょう。

腸内細菌の種類は冒頭にも取り上げましたが、1000種類にも及ぶもの凄い種類です。

腸内だけでしか生息できない腸内細菌もいるのです。

この1000種類の腸内細菌は大きく分類すると、

善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)

悪玉菌(ブドウ球菌)

日和見菌(大腸菌、バクテロイデス)

に分けられます。

善玉菌の役割は、ビタミンの合成・消化吸収の補助・感染防御・免疫刺激などを

行っていますが、

その働きはヒトが食事をすることでこの善玉菌への栄養を供給して成り立っています。

悪玉菌は、腸内腐敗・細菌毒素の産生・発がん物質の産生・ガス発生などを起します。

日和見菌は、腸内での善玉菌と悪玉菌のバランスによって作用します。

善玉菌が優位

腸内でのバランスが善玉菌の方が優位に立つと善玉菌は役割を発揮します。

善玉菌が優位に立つためには、善玉菌への栄養補給が重要になります。

善玉菌の栄養源になるものといえば?

まず思い浮かぶのは、食物繊維です。

食物繊維は善玉菌のエサとなります。

食物繊維がとれていると善玉菌が優位となり、カラダに良い影響を与えてくれるのです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA