ストレスがかかると血流が悪くなる

ストレスがかからない日がない、

そういっても過言ではない現代生活。

水を飲む女性

ストレスは病気を引き起こす原因です。

それは、活性酸素が大量に発生してしまうからです。

さて、ストレスが体にかかると体内で炎症が起こります。

その炎症を抑えるためにカラダは炎症を抑えるための働きをするようになります。

例えば、

怪我で傷を負い、血が出てしまったとき

その血を止めるために血液をドロドロにする必要がでてきます。

その結果、血流が悪くなってしまうという現象です。

毎日毎日ストレスばかり・・。

そこで出てくるのが、

「7つの習慣」

「7つの習慣」身に付けることでストレスのない毎日が

遅れるのではと思うこのごろです。

とりあえず血流を改善する方法があります。

ドロドロになった血液を科学の力ではサラサラにできます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA